【Zowie ZA13】軽量化とラバー塗装してカスタムしてみた

ゲーミングマウス
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Zowie ZA13の軽量化と塗装をしてみました。
マウスの分解、改造はメーカー保証が受けられなくなります。
自己責任にてお願いします。

 

一緒に読まれている記事

ZOWIE ZA12・ZA13・S2 比較レビュー!特徴や設定方法をまとめました。
ZOWIEのマウスってなんか渋いですよね。 ZA12、ZA13、S2でどれがいいのか迷ったので、全部買ってみました。 同じように悩んでる人の参考になればと思います。 一緒に読まれている記事 ZAシリーズに...
【Cooler Master MM710 レビュー】安くて軽い53gの軽量ハニカムゲーミングマウス!
今回はCooler Master MM710です。 ZA13を使ってみて気に入ったので形の似ている軽量のマウスだったので買ってみました。 一緒に読まれている記事 MM710について MM710はC...
スポンサーリンク

ZA13カスタム

行った作業は

  • 穴あけ
  • 右側サイドボタンと基盤の取り外し
  • パテ埋め
  • ラバー塗装
  • silkycable取り付け

結果は85gから75gになりました。
パテ埋めしなければもっと軽くなるのかなと思います。

 

用意するもの

  • 電動ドライバー
  • プラスティディップスプレー
  • 紙やすり
  • パテ
  • のこぎり
  • silkycable

ZA13カスタム

ZA13のカスタムした手順です。
分解したことある方も多いと思うので、簡単に書いていきます。

ZA13分解方法

ソールをはがして裏のネジを外します。

サイドボタンとつながっているケーブルがあるので外すときは慎重に
このケーブルは外せます。

上部分は二つに分解できます。
ネジを外して、爪のひっかけを外します。クリック部分の爪を壊さないように気を付けてください。
写真は塗装後ですが裏側も可能ならマスキングした方がいいと思います。
私は忘れていたのとめんどくさくなってこんな感じになってます。

穴あけ

穴あけは適当に必要ないところをあければいいです。面取り刃を使って面取りしてあげると見た目がキレイになります。

 

サイドボタン除去・パテ埋め

分解が終わったらサイドボタンの部品を外します。
基盤はのこぎりやリューターのようなもので切ればいいです。基盤の配線を傷つけないように慎重に。

今回はパテで右側の空洞を埋めました。
100均にあるパテで大丈夫です。

足付け・塗装

塗装する前に紙やすり等で表面を荒くします。
400番あたりを使いました。
パテの盛り上がった分も一緒に整えてください。

塗料をつけたくないとこにマスキングして塗装します。
今回のプラスディップスプレーはゴム被膜をつくるので、すべり止め効果があります。
失敗したらはがしてやり直せます。

Silky Cableとりつけ

端子を純正と同じ順番でつないで取り付けるだけです。
簡単に誰でもできます。

このケーブルが柔らかくて軽くてやばいです。
衝撃でした。

ZA13カスタムの感想

軽量になって使いやすくなりました。

ラバー塗装は失敗したら何回でも簡単にやり直しできます。
何度かやり直しましたけど乾燥してしまえば簡単にはがせます。

すべり止め効果はありますが、肌触りが結構独特です。
好き嫌いが分かれると思います。

個人的にはイマイチでした。
思っていたものと違った。。。
重ね塗りが足らなかったのかすこし表面にざらつきを感じます。
もっと時間をかけて丁寧にすればよかったと後悔しています。

塗装のやり方で変わる気もするので塗料の研究が必要に感じてます。
私は塗るのが下手でしたが、うまい人がするといい感じに仕上がると思います。

穴あけで軽量化する場合はかなり大胆に肉抜きしないと効果は薄いと思います。

なによりSilkycableがマジですごいです。
軽いし柔らかいしでこれだけでよかったんじゃないかと思うレベルで最高でした。

気が向いたらまたやってみようかな

 

タイトルとURLをコピーしました