【Xtrfy B4】新型マウスバンジー!旧モデルと比較してみた

ゲーミングマウス
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型のマウスバンジーxtrfy B4のレビューです。

 

一緒に読まれている記事

【Xtrfy B1】レビュー 見た目と性能を兼ね備えたUSBハブ搭載マウスバンジー
今回レビューするのは「Xtrfy B1」です。 Xtrfyの高級感もあり性能も抜群のマウスバンジーです。 個人的にXtrfy推しなこともありお気に入りの製品です。 一緒に読まれている記事 Xtrfy B1...
【Zowie ZA13】軽量化とラバー塗装してカスタムしてみた
Zowie ZA13の軽量化と塗装をしてみました。 マウスの分解、改造はメーカー保証が受けられなくなります。 自己責任にてお願いします。 一緒に読まれている記事 ZA13カスタム 行った作業は ...
スポンサーリンク

xtrfy B4

新しくマウスバンジーが発売されました。
旧モデルのB1との違いはLEDとUSBハブの廃止、大きさになります。

コードを挟み込むところはシリコン素材になっています。
シリコンの固定方法も旧型はネジ止めだったのに対して、新型は差し込むだけとなっているので組み立てが楽です。

一般的な高さになっているので、zowieやHotline games製のマウスバンジーからの移行でも気にならないと思います。

カラーが5色展開です。
xtrfy m4と同じ色合いなので、そろえて使うと統一感がでてかっこいいです。

xtrfy B4
サイズ80×80×19mm
重量265g
アーム含めた高さ130mm

▼内容物は本体と説明書、ステッカー

▼裏面はすべり止めがあります

 

B4比較

▼小型化された分重さは軽くなってますが安定性は新型の方があると思います

▼横から。ケーブルを通す場所が下から後ろへと変更されています。

▼後ろ。USBハブが廃止されています

xtrfy B4をつかってみて

海外の直販から予約して買ったら日本発売より一週間早く届いたのとサングラスが付属してました。

私は以前からB1を使ってきました。
バネのものより、抵抗が少なく感じて使いやすかったからです。

小型化されて重さが心配でしたが、底のラバー加工と重心のせいなのか以前のB1より安定していると感じます。

値段も安く設定されているので、一般的なマウスバンジーしか使ったことない方は一度試してみる価値はあると思います。

 

タイトルとURLをコピーしました