【Glorious Model O】レビュー 軽量マウスの大本命

ゲーミングマウス
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「Glorious Model O」のレビューです。
FinalMouseの人気モデルNinjaAir58と似ていて発売前から話題の製品でした。
小型軽量の新モデルModelO-も発売されています。

 

 

一緒に読まれている記事

【LogicoolG ProWireless】レビュー 80gのワイヤレスゲーミングマウス
今回はLogicoolG Pro Wirelessをレビューしていきます。 一緒に読まれている記事 Logicool G pro Wirelessについて Gpro Wireless...
【Finalmouse】レビュー「Ultralight2-CapeTown」47gの新モデル!
今回レビューするのはFinalmouseの新モデル「Ultralight2-CapeTown」です。 Finalmouseといえば廃盤で手に入らないですが、「Air58 Ninja」が有名ですよね。 FORTNITEのプロ選手や有名...
スポンサーリンク

Glorious Model Oについて

Gloriousと聞くとカスタムキーボードや大型のマウスパッドが人気でしたが、日本での入手性の悪さから使っている人は少なかった印象です。

このマウスも発売当初は英語の公式サイトからの購入でしたが、途中から日本への発送ができなくなりました。
今では日本の正規代理店ができてAmazonパソコンショップアークさんから買えるようになっています。

形状は最近のトレンドのハニカム構造でなおかつ人気のFinalMouseに形状が似ていて一言でいうと最高です。
たくさんの人が求めていたマウスだと思います。

マット光沢の2種類が用意されており、マットが67g、光沢が68g。カラーは白と黒の2色展開です。

公式のソフトウェアも用意されておりLEDDPI等の設定も簡単にできます。

Glorious Model Oスペック

Glorious Model O
メーカーGlorious
マウスデザイン左右対称
サイズ(mm) L×W×H128×37.5×66
重量マット67g/光沢68g
センサーPixart PMW-3360
DPI設定400~12000
ポーリングレート125~1000
ボタン数6

ケーブルは抵抗がすくないパラコードになっています。新しいロットは改良されたものになっているそうです。

RGB LEDがホイールと本体横に搭載されています。光り方はギラギラしているわけではなく好印象です。

マウススケートはテフロン製ですべりはいいです。

DPIは100単位で変更可能です。ソフトウェアと本体上部のDPI変更ボタンから変更可能です。
ソフトウェアのダウンロードはこちら

Debounce Time」という設定はクリックが反応するまでの遅延設定です。
低くするとチャタリングのリスクもあるようなので注意が必要です。

デザインと付属品

▼簡単な説明書のようなものとステッカー二枚が入ってました。ホワイトのマットタイプ

▼コードはパラコードです。新ロットはコードが改良されているそうです。

▼テフロン製のスケートなので滑りもいいです。

▼RGB LEDの一例です。

 

他マウスと比較

FinalMouse Ultralight2と比較

重さはModelO67g、Ultralight247g

GprWLと比較

重さはModelO67gGproWL80g

購入方法

英語の公式サイトもしくはAmazonでの購入ができます。

まとめ

・人気モデルに似ていて使いやすさは抜群
・Air58より設定項目がおおい
・LEDがかっこいい
・値段が安い
・軽量がよければModelO-のほうが小型軽量
悪いところを探すのが難しいほど完成度の高いマウスです。
どの持ち方でも不満はあまりないと思います。
デザインもシンプルですし値段も安く手が届きやすいのでお勧めです。
性能面でもデザイン、価格文句なしの一品だと思います。
Air58が手に入らなくて使ってみたい方やハニカム構造のマウスを検討している方は迷わず買っても後悔はしないと思います。
タイトルとURLをコピーしました