【Finalmouse】レビュー「Ultralight2-CapeTown」47gの新モデル!

ゲーミングマウス
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回レビューするのはFinalmouseの新モデル「Ultralight2-CapeTown」です。

Finalmouseといえば廃盤で手に入らないですが、「Air58 Ninja」が有名ですよね。
FORTNITEのプロ選手や有名ストリーマーは使っている人が多い印象です。

 

 

一緒に読まれている記事

【Glorious Model O】レビュー 軽量マウスの大本命
「Glorious Model O」のレビューです。 FinalMouseの人気モデルNinjaAir58と似ていて発売前から話題の製品でした。 小型軽量の新モデルModelO-も発売されています。 一緒に読まれて...
【LogicoolG ProWireless】レビュー 80gのワイヤレスゲーミングマウス
今回はLogicoolG Pro Wirelessをレビューしていきます。 一緒に読まれている記事 Logicool G pro Wirelessについて Gpro Wireless...
スポンサーリンク

Finalmouse Ultralight2-CapeTownについて

ゲーミングマウスの軽量化が一つのトレンドとなり各メーカー採用するところが増えてきました
それを流行らせたのはFinalmouseと言っても過言ではないでしょう。

今ではGlorious model-Oxtrfy M4なども採用するハニカム構造、そのなかでもUltralight247gという驚異的な軽さです。

本体サイズが小さく作られていますが、独自に開発した人工スキン「インフィニティスキン」が付属しているため自分の手に合わせてカスタマイズできるのもこのマウスの特徴です。

組み合わせ次第で人気モデル「Air58 Ninja」の形状も表現可能とのことです。

スペック

Ultralight2 CapeTown
メーカーFinalmouse
マウスデザイン左右対称(右利き用)
サイズ(mm) LxWxH116 x 54 x 36 mm
重量47g
センサーPixart PMW3360
DPI設定400 / 800 / 1600 / 3200
ポーリングレート500Hz
ボタン数6

マウスの形状は左右対称ですが、サイドボタンは右手用の配置です。
公式のソフトウェアではないですが、Dream Machinesのdm1pros用のドライバをインストールすることでポーリングレートを変更できます。

Ultralight2 デザイン&付属品

マウス本体とインフィニティスキンが付属しています。

マウス外観


インフィニティスキンの厚みは三種類

  • 1.2mm
  • 2.0mm
  • 2.5mm

他のマウスと比較

G pro Wirelessと比較

重さはUltralight247gGproWL80g

 

ModelOと比較

重さはUltralight247gModeO67g

 

購入方法

ふもっふのおみせでも購入可能です。

個人的にはふもっふのおみせがおすすめです。
様々なゲーミング用品があり発送も迅速で対応もいいのでよく利用しています。

まとめ

47gは軽い
・インフィニティスキンでシェイプを変更可能
・マウスホイールがスムーズ
・スイッチのクリック感(個人的にクリック感が好み)
・堅牢性〇
・コードも軽く抵抗が少ない
・小さい
・インフィニティスキンをキレイに貼るのがむずかしい
・インフィニティスキンのノリが残る
全体的なシルエットは前モデルを彷彿とさせますが、いかんせん小さい
つまみ持ちの人であったり、手が小さい方にはおすすめできるマウスと思います。
女性の方にちょうどいい大きさかもしれません。
インフィニティスキンの発想は面白く個人的に好きですが、見た目が悪くなるという欠点も伴います。
これを言ってしまうと元も子もないですが、正直何枚も重ね張りをしてまで手に合わせるよりほかのマウスを探したほうがいいです。
約14,000円の価格を考えると同じハニカム構造で軽量モデルのModel-OM4のほうが価格も安くお勧めはしやすい。万人におすすめはできないですが、総合的にみたらすばらしいマウスだと思います。
ただ使う人を選ぶと思うので、購入する前に店頭やゲーミング施設などで試してみた方がいいと思います。
タイトルとURLをコピーしました